クラウド型のペーパーレス会議が印刷代のコストダウンにつながる

SITEMAP

仕事中

ペーパーレス会議の良い点

クラウド型ペーパーレス会議というのは、資料などに紙を使わない会議のことを指しますが、このメリットとはなんでしょうか。経済的なコストはもちろんですが、それ以上に重要なのが「労力」というコストを削減できることです。
紙というのはアナログです。デジタルならばコピーアンドペーストで共有フォルダに入れる、1秒で済むような作業のために、コピー機を何分も動かし続け、ホッチキスで紙を留め、議場までそれらを運び、その数時間の作業を別の仕事に回せば、業務はいくらでも効率的に回ります。またデジタル資料ならば保管場所の必要もなく、整理のために人手を割く必要もありません。そして、データの置き場を限定できるのでしっかりとしたセキュリティ対策を施しておけば、漏洩の心配も少なくて済みます。むしろ、どこへでも気軽に持ち運べてしまい、痕跡が一切残らないアナログの紙のほうが、持ち出しは簡単かもしれません。
このような理由から最近の企業はクラウド型ペーパーレス会議の導入を推進しています。パソコンやタブレットを用意するなど、確かに初期のコストは多少かかるかもしれませんが、紙代となにより社員全員の時間短縮を考えれば決して無駄な投資ではないでしょう。デジタル化の流れから取り残されないためにも早めの検討をおすすめします。

TOP